本文へスキップ

Junior Chamber International Okawa
一般社団法人 大川青年会議所 2018

2019年度役員紹介OFFICERS

直前理事長          監事

 
直前理事長 鵜川 秀樹
 
監事 山口 勝史


副理事長として

 副理事長 園田 康介

2019年度副理事長という大役を仰せつかり、身の引き締まる想いです。まずは、基本理念、基本方針、理事長所信を十分に理解し、理事長を補佐してまいります。
 2019年度は我々、一般社団法人大川青年会議所にとって創立50周年と大きな節目の年でもあります。これまで多くの歴史を紡いでこられた多くの先輩諸兄に敬意を示すとともに、今後歴史を創っていくメンバーの人財育成に尽力してまいります。
 近年、大川青年会議所では人口減少や少子高齢化に加え、混沌とした社会経済の将来への不安などの背景から会員の減少が大きな課題となっております。引き続き事業を継続し、地域(まち)の明るい豊かな社会の実現のためには、メンバー一人ひとりのスキルアップが必要だと考えます。青年経済人としての資質を向上し、地域(まち)の皆様方を背中で引率していける人財の構築をめざします。
 結びに、委員会の円滑な運営に寄与するとともに、委員会とともに事業の成功に邁進し、自ら率先して行動することでメンバーを引率できるよう努めてまいります。一年間どうぞ宜しくお願いいたします。


副理事長として

 
副理事長 筬島 繁

019年度、一般社団法人大川青年会議所の創立50周年という大きな節目の年に副理事長という大役を仰せつかり、その責務の重さに身の引き締まる想いです。
 まずは2019年度の基本理念、基本方針、理事長所信を十分に理解し、他の副理事長と協力し理事長を補佐し、各事業を完遂すべく一年間邁進いたします。
 大川青年会議所は半世紀にわたり、刻々と移り変わる時代の変化に対応しながら、住み暮らす地域(まち)や未来の宝である子どもたちのため、地域(まち)に根差した運動・事業を展開してまいりました。これまで先輩諸兄が紡いでこられた想いを今一度振り返り、これからの未来のために私たちに何ができるかを考え次代に繋いでいかなければなりません。
 2018年度50周年準備会議において作成された提言を理解し、実現に向けメンバー一同力を合わせ、事業を展開していく所存です。
  先輩諸兄が築き上げこられた大川青年会議所50年の歴史を誇りとし、JC運動・事業をとおしメンバーが市民意識変革運動の能動者として成長できる機会の提供をしてまいりたいと考えております。一年間宜しくお願いします。


副理事長として

 
副理事長 石井 祐輔

2019年度副理事長という大役をいただき、その役職の重さを自覚し行動に移してまいります。まずは、基本理念、基本方針、理事長所信を十分に理解し、理事長を補佐してまいります。
 2019年度は一般社団法人大川青年会議所創立50周年の節目の年であり、先輩諸兄が紡いでこられた想いに敬意を表し、次の50年につなげていくために邁進してまいります。
 大川JCでは、1995年より「出会い、発見、夢・感動」をテーマに未来人スクールを開催してきました。昨今、グローバル化が進行し時代の変化が急速に進む中で、時代の変化に取り残されず、時代を切り拓いていく人財の育成が必要だと考えます。
 また、選挙権の年齢引き下げに伴い、若者による積極的な政治への参加が期待される反面、若者の政治に対する関心の低さも見受けられます。新たに選挙権を有する世代への意識の向上を図る必要があります。
 未来の子供たちの笑顔のために、子供の貧困の問題は喫緊の課題です。家庭環境によって得られる情報、得られる体験が違い、そのことにより未来の人財育成に影響を与えることも考えられます。今後の地域社会を考えるうえでも、未来の地域人財を考えるうえでも、この問題に取り組む必要があると考えます。
 本年は、このような時代背景を踏まえ、地域(まち)の未来を担う人財を育成するべく、事業に取り組んでまいります。
  最後に、『明るい豊かな社会の実現』のため青少年育成事業をとおして、大川JCメンバー全員が成長できる機会を提供してまいりたいと考えております。一年間宜しくお願いします。



専務理事として

 
専務理事 東 晃

2019年度、歴史と伝統ある一般社団法人大川青年会議所が創立50周年を迎える大切な節目の年に専務理事という大役を仰せつかりました。今日まで厳しくも温かくご指導いただきました先輩諸兄ならびにメンバーのみなさまに感謝申し上げます。その責務の重さに臆することなく職責を全うさせていただく所存でございます。
 まずは2019年度の基本理念、基本方針、理事長所信を十分に理解し、事務局長と共に理事長を全力で補佐し、大川青年会議所が魅力ある組織として、メンバー一人ひとりが地域のリーダーという自覚を持つことができるような運営をこころがけます。次に各副理事長が、委員会との連携をしっかり取ることのできる体制を整えていきます。
 また、大川青年会議所創立50周年という節目の年であり、我々メンバーにとって重要な一年でもあります。効果的かつ効率的な組織運営をめざしていき、専務理事として自らを律し、襟を正して常に学ぶ姿勢を示すことで、メンバーが新たな気づきや学びを得て、一人ひとりが成長できる環境を構築します。さらに、それぞれの自己の成長が地域(まち)の活性化に直結するという高い意識を持ち、メンバー全体が成長して魅力あふれる大川青年会議所に近づくことが、明るい豊かな社会の実現の一歩に繋がると信じ、一丸となって邁進していきます。
 結びに、先輩から脈々と引き継がれてきた大川青年会議所の伝統や誇りを次世代につなげていくために若者らしく情熱的に率先して行動していきます。一年間宜しくお願いします。

 


事務局長として

 
事務局長 龍 元気

2019年度一般社団法人大川青年会議所の事務局長という大役をいただき、その責任の重さに身の引き締まる思いです。まずは、理事長所信・基本理念・基本方針を十分に理解し、理事長のもと専務理事を補佐し、本年度は財政審査会議を取り入れ、総務委員会と共に会議のスムーズな運営に尽力してまいります。
 また、事務局管理にあたり、限りある予算を効果的かつ適正に運用していくために、一年間の予算を正確に立て各委員会が全力で事業を行えるようサポートしてまいります。
  最後に、JC運動をとおし、人としての成長、また、『明るい豊かな社会の実現』のため、努力を惜しまず、何事にも率先して取り組んでまいりますので一年間どうぞ宜しくお願いいたします。



総務広報委員会

 
総務広報委員会 委員長
一ノ瀬 寛基
 
総務広報委員会 副委員長
津村 健斗

人材育成委員会


人財育成委員会 委員長
松藤 吉晃

人財育成委員会 副委員長
井上 義崇

青少年育成委員会


青少年育成委員会 委員長
村尾 善孝

青少年育成委員会 副委員長
今村 嘉一郎



contents


【大川青年会議所 メンバー用資料】


【関連リンク】
 
公益社団法人 日本青年会議所

公益社団法人 日本青年会議所
九州地区協議会


公益社団法人 日本青年会議所
福岡ブロック協議会


公益社団法人 上山青年会議所

公益社団法人 宜野湾青年会議所


一般社団法人 大牟田青年会議所


一般社団法人 柳川青年会議所

公益社団法人 山門青年会議所




一般社団法人 大川青年会議所

〒831-0016
福岡県大川市酒見 221 - 6
TEL: 0944-86-5696
FAX: 0944-86-5674
mail: mokka@okawa-jc.or.jp